RO浄水器・逆浸透膜浄水器メーカーEnglish

NSF International

NSF International
Certified

NSF/JWPA
Protocol P-72
環境向学社製RO逆浸透膜浄水器が「放射性物質(ヨウ素)除去浄水装置」として世界で初めてNSF認証を取得しました

(社)浄水器協会

(社)浄水器協会認証

JIS S 3021
家庭用浄水器の浄水能力試験方法について
共同研究

東京工業大学

東京農業大学

あんしんウォーター

小型逆浸透膜式浄水装置 ASDHO-1DF

超浸透水素水

RO逆浸透膜浄水器の環境向学(アクアストリート)HOME > お問い合せ・資料請求 > RO水とは?> 化学的原理

RO水とは?/化学的原理

化学的原理

 生物が本来生体内で行っている「浸透圧」という原理を応用し、最先端技術によって作りだされた半透膜が、水に溶解しているさまざまな物質を除去します。そして限りなくH2Oに近い純水な水をつくりだしていきます。


■ 逆浸透膜の原理

 

 

食塩水を「不純物を含んだ水」と仮定すると・・・

片側に食塩水、もう一方に真水を入れておくと、真水は自然に食塩水側に移動します。自然界で起こる『浸透圧』による現象です。

 

逆浸透膜の原理

食塩水側に人為的に圧力をかけると、食塩水の中の水分だけが真水側に移動します。つまり、「逆浸透」が起こります。

 

逆浸透膜の原理

 

 

 

 


■ 逆浸透膜の大きさ

 心臓部に用いられている逆浸透膜フィルターとは電子顕微鏡でも観察できない超微細な孔を無数に持った人工の半透膜のことです。
 逆浸透膜フィルターは選択透過性という特性をもっており、水の分子サイズ程度を透過させることが出来ます。半透膜は、私たち人間をはじめ生物が本来持っている生体膜ですが、それをハイテク技術で人工的に作り出し、浄水器に応用したのが逆浸透膜フィルターです。(水分子の理論上の大きさは0.00039ミクロンです)

逆浸透膜の大きさ


 

  <単位について>
1ミクロン = 1/1,000ミリメートル
1ナノメートル = 1/1,000ミクロン = 1/1,000,000ミリメートル
1オングストローム = 1/10,000ミクロン = 1/10,000,000ミリメートル


<前ページ |

 次ページ>